教育方針

【アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)】

 化学生命工学科は持続可能な社会の構築と健全で快適な生活の維持と促進に貢献できる技術者・研究者として必要な高い倫理観(人間性)、生命工学、環境化学、食品科学等の専門能力(専門性)及びこれらを活用して国際的問題を洞察する力(国際性)を養成します。このために、次のような入学者を受入れます。

  1. 探究心があり意欲的に学ぶ強い意志がある人。
  2. 社会における互いの多様な価値観を理解し、高い倫理観を持つ人。
  3. 真理を追究し、社会に貢献できる新たな技術を創造しようとするチャレンジ精神を持つ人。
  4. コミュニケーション能力を持ち国際的な視点に立って行動しようとする意欲を持つ人。

また、化学生命工学科に入学するまでに、次のような教科の内容を理解していることが望まれます。

国  語 : 文書の読解力と表現力、論理的思考力。
外国語 : 基礎的な文法を理解し、正しく構文できる表現力。
数  学 : 数学Ⅰ・数学Ⅱ・数学A・数学Bの基礎。
理  科 : 化学基礎・化学及び生物基礎・生物の基礎。

 

【カリキュラムポリシー(教育課程の編成方針)】

 化学生命工学科では、持続可能な社会の構築と健全で快適な生活の維持と促進に貢献できる、化学、生命工学、環境化学、食品科学の知識と技術を総合的に活かす、以下に示す能力を持った技術者・研究者を育成します。

地球と人を思いやる豊かな感性と高い倫理観

国際的に通じる、筋道をたてて表現できる能力

問題を提起しそれを解決するために行動できる能力

生命科学や化学の基礎知識を持ち、専門知識を活用できる能力

そのために、1・2学年には総合科目、工学基礎及び化学と生命科学の基礎全般を学修するための専門基礎科目を、3学年には生物工学、環境化学、食品科学の専門知識や技術を養成するための専門科目を設けています。

豊かで健全かつ快適な持続成長可能な社会は、化学と生命工学分野を合わせた「ものづくり」の観点から考えて構築する必要があります。化学生命工学科では、1)機能性素材、副作用の少ない医薬品、機能性食品の開発、2)健康維持のための食の安全・安定供給の確保、3)限りある資源の活用と再生可能な資源の利用、4)環境保全のための環境分析に関連した教育・研究に取り組み、その実現のためのカリキュラムを編成します。化学生命工学科で、化学、生命工学、環境化学、食品科学の知識や技術を総合的に身につけることにより、持続成長可能な社会を実現するための技術を修得できます。さらに、現在社会で求められている技術者・研究者としての高い倫理観と国際性(教養・コミュニケーション能力)を身につけます。

 

【ディプロマポリシー(学位授与の方針)】

 化学生命工学科では、持続可能な社会の構築と健全で快適な生活の維持と促進に貢献できる、化学、生命工学、環境化学、食品科学の技術者・研究者を育成するために、化学を基礎とした化学現象や生命科学を基礎とした生命現象と物質との関わりについて教育と研究を推進することを目指します。厳格な成績評価を行い、所定の単位を修得した学生に卒業を認定し、学士(工学)の学位を授与します。卒業までに身につけておくべき資質を、以下に示します。

化学生命工学科の卒業生は、

地球と人を思いやる豊かな感性と高い倫理観を持ち、国際的に通じる、筋道をたてて表現できる能力を身につけていること。

問題を提起し、それを解決するために行動できる能力を身につけていること。

生命科学や化学の基礎知識を持ち、専門知識を活用できる能力を身につけていること。

工学領域のみならず生物学、医学、農学分野に跨った問題に対処できる技術者・研究者に必要とされる生命現象への理解を身につけていること。

さらに、

生物化学コースの卒業生は、生命科学、化学及びその複合領域の専門科目を縦断的に学び、その知識を複合的に応用し問題を解決する能力を身につけていること。

環境化学コースの卒業生は、自由度の高い科目選択の特長を活かし、生物工学、化学、食品科学、環境化学等の専門分野を修得し、専門的な分野の基礎的知識と応用力を身につけていること。食品科学コースの卒業生は、食品成分の構造や性質について学び、食品の製造、衛生、機能に関する知識と応用力を身につけていること。