チャレンジできる資格

 化学生命工学科では,学科で開講されている講義で習得した知識を有効に活かせる高レベルな資格取得をサポートしています。特に,以下の資格は生涯を通じて価値のあるワーキング スマートを目指せる資格です。受験対策講座も年に数回開催されますので,低学年のうちから取得を視野に入れ,受験を体験しておくことが絶対有利です。「自分はどんな仕事がしたいのかよくわからない」人は,まずチャレンジすることからはじめてください。きっと仕事選びが具体化します。

技術士(修習技術者)

 技術者の最高峰の資格、 「技術士」「修習技術者(含む技術士補)」は、 技術者本人にとっても、 企業にとっても、 いよいよ必須の資格となろうとしています。本学科の生物化学コース(JABEEコース)を修了すると一次試験が免除され、修習技術者の資格が与えられます。卒業後4年間の実務経験を経て二次試験に合格すると技術士資格を獲得できます。2005年6月,技術者教育の国際的な同等性を承認するWA(ワシントン・アコード)は,日本の技術士の国際的同等性を承認しました。今後は資格者が増強され、 能力保証が制度化されます。 これによって、 社会における地位の向上と役割の拡大が約束されます。

参考1:http://www.pejp.net/pe/

参考2:http://www.engineer.or.jp

参考3:http://shikaku.nikkei.co.jp/license/l_tc003.html

食品衛生管理者・食品衛生監視員(任用国家資格)

 食品衛生管理者・食品衛生監視員は食品衛生法によって規定された資格で、以下のものを製造又は加工を行なう営業者については、その施設ごとに、専任の「食品衛生管理者」の設置が義務づけられています。(1)全粉乳(その容量が1,400 g以下である缶に収められるものに限る)(2)加糖粉乳(3)調製粉乳(4)食肉製品(5)魚肉ハム(6)魚肉ソーセージ(7)放射線照射食品(8)食用油脂(脱色又は脱臭の過程を経て製造されるものに限る)(9)マーガリン(10)ショートニング(11)規格が定められた添加物。食品衛生監視員は検疫所における輸入品の衛生監視や保健所において食品取扱業者に対する衛生監視、指導や消費者への食品衛生啓発などを行ないます。

 学科が定める所定の単位を取得すると食品衛生管理者・食品衛生監視員の資格を得ることができ、卒業時に「食品衛生管理者・食品衛生監視員課程修了証」が授与されます。

公害防止管理者

 管理者法が定められたことにより 「特定工場」に,公害防止に関して必要な専門知識を有する公害防止管理者の設置が義務付けられている。公害防止管理者は,特定工場公害発生施設または公害防止施設の運転,維持,管理,燃料・原材料の検査を行う役割を担う。この国家資格を取得するには,「特定工場における公害防止組織の整備に関する法律」に基づいて資格認定講習を受講するか,国家試験を受験することによって取得することができる。

参考:http://www.jemai.or.jp/japanese/qualification/polconman/method.cfm

環境計量士

 地球規模の環境問題を解決するには,問題になっている環境分野の正確なデータを測定し,分析することが必要になります。さらにそのデータは環境問題に関わる当事者ではなく,中立的な立場の人によって調査されなければ,公正で信頼のあるものにはなりません。環境計量士はそうした理由から生まれた国家資格で,主に騒音や振動を扱う「騒音・振動関係(物理系)」と汚染や有害物質などの濃度を扱う「濃度関係(化学系)」の2つに区分されている。本学科では特に後者の「濃度関係(化学系)」に対応できるカリキュラムが多い。ちなみに,環境問題に関する計量を専門で行う「環境計量証明事務所」には,必ず環境計量士の資格取得者がいなければならないことになっている。環境問題は今後さらに重要な課題になっていくことが予想されていることを考慮すると,将来有望な資格の1つです。

参考1:http://www.jemca.or.jp/info/

参考2:http://shingaku.mycom.co.jp/shikaku/363/

危険物取扱者

バイオ技術者

食生活アドバイザー

アロマテラピー検定

薬学検定

工業英検

 技術英語の世界では、事実やデータを正確に伝える英語力、読者に誤解を与えない確かな文章力、そして専門技術や工業製品への専門知識が求められます。こうしたプロのテクニカルライターや技術翻訳者へのニーズの高まりに対応して設置されたのが「工業英検」です。理工系学生が就職活動を有利に運ぶには3級程度の取得が目安だが、エンジニアや通訳、テクニカルライターをめざすなら2級以上を取得しておきたい。

参考:http://kw.allabout.co.jp/glossary/g_shikaku/w004107.htm